洗い流さないトリートメントのシリコン入りとノンシリコンの違い

 

洗い流さないトリートメントにはシリコン入りのものと、
ノンシリコンのものがあります。

 

実は、私は洗い流さないトリートメントはすべて
ノンシリコンだと思ってました^_^;というよりも、
シリコンのことなんて考えたことありませんでした…。

 

私のようにシリコンのことなんてあまり考えないで、
洗い流さないトリートメントを使用している人がいるのでは!?
と思い、この記事を書いています!

 

洗い流さないトリートメントを使用するときに
シリコン入りかノンシリコンかは、とても重要なことなんです!

 

何故ならシリコン入りの洗い流さないトリートメントを使用すると、
髪が補修されるどころか髪にダメージを与えることになります!

 

シリコンが髪に与える影響についてはこちらを見てください

 

なので洗い流さないトリートメントを選ぶときには、
それがノンシリコンなのかをしっかりと確認しましょう!

 

シリコン入りのものを使用し続けた実体験

私はもともとケラスターゼという
洗い流さないトリートメントを使用していました

 

 

ケラスターゼは人気があるので使用している人も多く
いろいろな香りがあるのでファンの人も多いと思います!
私も香りが大好きではまってました^_^;

 

しかも香りだけでなくケラスターゼを髪に付けたときは、
すぐに髪がサラサラになります♪
でもこれが良くなかった…

 

すぐにサラサラになることと、香りが良いということで
ケラスターゼを毎日、お風呂上りに付けてました。
でもケラスターゼはシリコン入りだったんですよ!

 

最初つかったときは髪がサラサラになってスゴイ!と思ってましたが、
使い続けていると、髪が乾燥しやすくなったと感じてました。
でも、カラー剤を使用したせいかなぁとか思ってました

 

それで、もっとヘアケアしなきゃいけないと思って
ケラスターゼの一回で使う量を増やして、
お風呂上りだけでなく、朝も使うようになってました…。

 

髪質が悪くなってしまったと感じる

ケラスターゼをもっと使うようになる

 

という悪循環を繰り返してました…

 

当時は気づいていませんでしたが、
髪の乾燥がひどくなったのはケラスターゼが原因です!
シリコンで髪をコーティングすると髪がダメージを受けてしまうんです!

 

しっかりとヘアケアするためには!

ヘアケアするために洗い流さないトリートメントを使用するのはベストですが、ノンシリコンタイプのものを使用しなければ意味がありません!

 

私はノンシリコンタイプの洗い流さないトリートメントのリシリッチを使用しています♪

 

使い心地はサラってしているのにしっかりと保湿をしてくれる優れものです☆もし気になる場合は私のレビューをのぞいてみてください(*^_^*)

 

私のリシリッチのレビュー