シリコン入りかノンシリコンか知っていますか!?

あなたが使用している洗い流さないトリートメントがシリコン入りかノンシリコンか知っていますか?
もしも知らないまま使用しているとしたら
シリコン入りかノンシリコン化で用途や効果が全く違ってくるので、
注意が必要です!!

 

まずは、シリコンが髪にどういう影響を与えるか知っておきましょう

 

シリコンが髪に与える影響

使用しているものがシリコン入りかノンシリコンか知っていますか?

 

基本的にはシリコンは体に悪影響はない成分です♪
シャンプーやトリートメントにもよく使用されています☆
しかし、髪の毛に付くとなかなか落ちることがなく、
落ちるときにはキューティクルまで一緒に剥がれてしまいます。

 

キューティクルが剥がれると枝毛や切れ毛などの原因になります…。

 

用途や効果の違い

シリコン入りタイプの洗い流さないトリートメントは、
使用するとすぐに髪がサラサラになる効果があります♪
それは、シリコンで髪の表面をコーティングするからです!
残念ながら髪の内部まで補修する効果は全くありません

 

シリコン入りタイプのものにはワナがあります…。

 

すぐに髪がサラサラになって嬉しくなり使い続けていると、
シリコンを落とすときにキューティクルも一緒に剥がれてしまいます。
これを続けていると、髪の毛がどんどん傷んでいきます。

 

でも何が原因で髪が傷んできたのかわからないから
シリコン入りタイプの洗い流さないトリートメントをもっと使うという
負のスパイラルに陥ってしまうんです!

 

シリコン入りタイプのもので有名な洗い流さないトリートメントは、
モロッカンオイルケラスターゼです

 

 

成分表に
シクロメチコン、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノール
と表記されていれば間違いなくシリコン入りなので気をつけましょう。

 

私はモロッカンオイルをノンシリコンだと思い込み使用していました…。
モロッカンオイルをノンシリコンだと勘違いしている人は多いはずです!
なぜなら美容院でオススメされるからです!

 

美容院でオススメされるから良いものだと信じちゃうんですよね^_^;

 

ちなみにノンシリコンタイプのものであれば、
髪の表面をしっかりとコーティングしつつ、
髪の中まで補修することができます!

 

使用しているものがシリコン入りかノンシリコンか知っていますか?

 

まとめ

使用しているものがシリコン入りかノンシリコンか知っていますか?

 

シリコン入りタイプのものは付けてすぐに髪がサラサラになるので、
出かける前などに使用した方がいいです♪

 

ノンシリコンタイプのものは髪の毛を洗い流したあとに
使用するのが良いです☆

 

使用しているものがシリコン入りかノンシリコンか知っていますか?

 

またシリコン入りタイプのものは
毎日使用するのはやめておいた方がいいですね^_^;

 

というかぶっちゃけノンシリコンタイプのものでも、
付ければ髪がサラサラになります♪
なので、シリコン入りタイプのものは本当は必要ないです!

 

ノンシリコンタイプの洗い流さないトリートメントはこちら